海外FXの取引量とは?

海外FXにある程度慣れてくると、更に大きい取引をしたいと思うようになってくる人も多いかと思います。

ハイレバレッジの取引ができる海外FX会社は、取引量を上げるとさらに莫大なお金を動かすことができます。

安定的に稼げるようになってきた人や一攫千金を試みたい方にはおすすめの取引手法です。

そこで今回、海外FXの最大取引量についてご紹介いたします。

海外FXで取引量というと、ロット(lot)で表現されます。

まとまった数量の単位のようなものです。

海外FX会社の多くは、1ロット(lot)=10万通貨として設定されています。

1万通貨を取引する場合は、0.1ロットになります。

銘柄によって取引量が変わる場合がありますので注意してください。

海外FXの最大取引量とは?

多くの海外FX会社での最小ロット数は0.01となっていますが、最大取引量は会社によって異なります。

1取引の最大取引量は会社によって違いますが、主要業者を確認したところ100ロットから多いところでは1,000ロットもありました。

この取引量で取引できるとなると非常に高額なトレードを実現することができます。

また、保有ポジションの制限のない会社もありトレーダーには嬉しいシステムです。

参考サイト https://deco-land.jp/

まとめ

入金額や自身のFXの技法によっても最適な取引量は異なってきます。

しかし、ある程度海外FXに慣れていて大口取引をしたい方などは、最大取引量でトレードしてみるのも一つです。

最大取引量が高いのも海外FXの良いところなので国内FXでは物足りない方は検討してみてはいかがでしょうか。